やちむん漂窯

沖縄の伝統民芸品を作り続ける工房|やちむん漂窯

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  やちむんとは

やちむんとは

沖縄の伝統民芸品

沖縄の伝統民芸品

 

やちむんとは、沖縄の方言で焼き物のことを言います。長年の伝統が受け継がれている民芸品で、日常的に利用できる食器のため、沖縄旅行のお土産としても人気が高いです。

器やお皿には中に白い輪ができます。こちらを蛇の目といいます。重ねて焼くためできるもので、沖縄独特の風合いを醸し出しております。

なお、全て手作りのため多少の色の違いなどございますがご了承ください。

 

当工房で販売しているやちむん

マカイ

 

【マカイ】
マカイとは、沖縄の方言でお碗のことを言います。やちむんの中でも代表的なものになります。
しかし、一般的なお碗とは形が異なり、沖縄独自の発達をしております。
沖縄の食卓ではよく見かける食器だと思われます。

 

【コップ】
通常のコップと同じですが、土の温もりを大切に、使いやすさも重視して造っておりますので、コップに口をつけた時の感触や実用性も高いものになります。

 

コップ

 

皿

 

【皿】
やちむんは見た目にきれいな絵付けを行っております。
皿には、絵柄がよく見える面があるので、食卓を鮮やかに彩るポイントになるのではないでしょうか。